ルピシアのカシュカシュ
先週 広島へ行った折、ルピシアで紅茶を購入しました。
山口県ではお目にかかったことがないので 九州か広島にお出かけしたら・・・と思ってました。
紅茶専門店「レピシエ」と、東洋のお茶専門店「緑碧茶園」が統合して
世界のお茶専門店「ルピシア」となりました。
「柚子」や「焚火」というのが季節のもので 店頭に並んでました。pecochanさんのところで「柚子」が紹介してありました。
私は その2種類の隣にあった「カシュカシュ」が気になっていたのです。
その理由は・・・・・・・・
e0043051_20294341.jpg
このウサギのラベル(^0^)♪
柚子も試飲させていただき、感じの良い店員さんが色々と説明してくださるのですが 目は一点だけを見つめてました

「カシュカシュ」は、フランス語で「かくれんぼ」のことだそうです。フルーツなどのいろいろな香りが隠れています。2羽のウサギがラベルの中でかくれぼ。
お味はとてもマイルド。フルーツの香りがふわっとして、疲れた一日をほぐしてくれます。
Let it Snow,Let it Snow,Let it Snow=雪よ降れ!降れ!もっと降れ!(ラベルにあった言葉)


e0043051_20385525.jpg
そして、このカシュカシュのおともは、昨日に引き続き、函館の昭和製菓「志濃里」のベイクトチーズケーキ。濃厚なチーズの味とこのフルーティーな香りがマッチ。お試ししたい紅茶がたくさんありました。次回が楽しみ(^∀^)♪


e0043051_20511677.jpg事務所で飼っているメダカです。
少し、わかりにくいかもしれません。
気持ちよさそうに泳いでいる姿を見ると羨ましいです。

今日もオーブンレンジでスコーンを焼く予定でしたが、父が「当分、あの丸いものは食べとうない!!」と。
計16個焼いたので、両親に朝昼晩と食べてもらったのですが・・・・
そっかぁ、飽きたのね。
[PR]
by jj-hanauta | 2005-11-01 21:03 | つぶやき★
<< シクラメン、そしてスコーン つわぶき >>