もみじ茶会
e0043051_2002950.jpg
今日は、昨日の雨とはうってかわり、晴天。
体調も回復の兆しが見え、すっかり 気分はおでかけモード♪
皆さんから 『週末はゆっくり過ごして下さいね』という心あたたまるコメントをいただいたにもかかわらず、私・・・・お出かけしてしまいました0(≧~≦)0 
昨日の夕食に大根を食べることができたので 大丈夫かなぁ~という安易な気持ちで行くことを決めました。やれやれ・・・・・ (ー_-;)
友人2名と私の3名で秋のお茶会へ行ってきました。


e0043051_20202861.jpg
今回は薄茶席二席に点心席。写真は、このお茶会の会場となった先生が トルコに行かれた折、求められたお道具です。花入れや香合なども揃えてありました。二席目がこちらの庵でした。先生のご自宅で開催されるのですが、お庭も素敵なのです。(一席目は撮影の時間がありませんでした)
有閑マダムの皆様方を拝見しつつ、ひとときを過ごせるお茶席は楽しみのひとつです。ただし、お抹茶とお菓子は、胃に堪えるのでほどほどにしておきました。点心も無理をせずに(^^)


e0043051_2122378.jpg寛仁親王殿下がアナトリア考古学研究所落成式にされた折、裏千家 家元夫人もトルコを訪問されたそうです。このお宅の先生もご一緒に参加されたそうで、お写真も拝見させていただきました。
大寄せのお茶会なので あまり緊張することなく、和気あいあいとした雰囲気で庭の紅葉を眺めながらのひとときでした。トルコの衣装がかけてあったのがなんとも印象的でした。外国のものでも こうして茶道に取り入れてしまうこの先生の感性は素晴らしいのではないのかなと思いました。日本人って何でもとりれることができる柔軟なセンスがあるのかな。そういえば、一緒に行った友人の一人が事情があっていきなりこの先生のお宅に初対面ながらイタリア人のデザイナーを連れて行くことになり、イタリア人の方と意気投合されたとか。先生は、88歳。イタリアに遊びに行くと言われたらしい。次のお茶会はイタリアのお道具かしら。


e0043051_9311220.jpg点心席です。茶碗蒸しもついてました。
春の皐月茶会では中国のしな族の衣装をまとった方がお点前をされて(野点席)、お道具も中国風。色々と楽しめます。






これが私のメニューです。
e0043051_2117253.jpg自家製梅干し・子持ち昆布トッピングのお粥とわかめ・ほうれん草のトッピングのうどん(半玉)と大根と卵
[PR]
by jj-hanauta | 2005-11-12 21:36 |
<< 季節を感じて 雨の日には★「暮しの手帖」で >>